DS5381 Low-Voltage Electronic Load Unit(60 V)

モーターのPHILシミュレーション向け低電圧電子負荷ユニット

dSPACEのDS5381 Low-Voltage Electronic Load Unitは、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション向けにモーターおよび発電機の電流をエミュレートします。このモジュールは60 Vの最大電圧に対応するため、高電圧の48 V車両電源での使用に最適です。

バッテリ駆動式3相モーターのエミュレーションに必要な負荷ユニットは1台のみです。一般的なテスト用途としては、電動パワーステアリング(EPS)システム、スタータ/ジェネレータシステム、およびマイルドハイブリッドドライブなどがあります。

主な利用効果

DS5381 Low-Voltage Electronic Load Unitは、ECUなどのテスト対象デバイスと同じ電源電圧を使用します。つまり、ECUとDS5381 Low-Voltage Electronic Load Unitの間を循環する有効電力がDC電源ユニットの供給電力よりもはるかに大きくなります。このエネルギー回生により、システム全体のエネルギー効率が大幅に向上します。システム全体の出力を高める場合は、複数の負荷を並列に接続して動作させることでより大きな電流を得ることができます。

パラメータ 仕様
電圧
  • 6~60 V DC
電流(AC)
  • 50 A RMS ×3
  • 100 A ピーク (1 s)×3
電流(DC)
  • 50 A
  • 100 A ピーク (1 s)
出力
  • 電圧範囲全域で出力ディレーティングなし
モジュール方式
  • 並列接続をサポート
電源
  • 内部DCリンク電圧16~80 V(エミュレーション出力の15%未満はエネルギー回生による)
ハードウェアトポロジ
  • インターリーブ型
パワーエレクトロニクステクノロジ
  • MOSFET
最終的なスイッチング周波数
  • 3.5 MHz
保護
  • モジュールは過負荷と過熱から保護されています。
冷却
  • 温度制御ファン
コントローラの更新レート
  • 64 MHz
HILインターフェース
  • dSPACE SCALEXIO FPGAテクノロジを使用した光ファイバリンク
HILインターフェースの更新レート
  • 1.25 µs

  • パワーHIL(Hardware-in-the-Loop)テスト 製品情報, PDF, 日本語, 4794 KB
製品情報 サポート お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き